「ほっ」と。キャンペーン

ナマケモノの日々


by adisesaworks

カテゴリ:国内旅行( 12 )

高尾~横浜

ルーシーダットンクラスのあと、高尾のトゥーマイでランチ。隔週金曜のクラスのあとに、あちこち徘徊するのが、習慣づいてしまいました。

シーフードタイカレー。とても素敵なお店。ウブドのカフェみたいです。
f0124642_9432619.jpg


ランチのあとは、友人のまた友人が最近オープンした、タイ古式と猫と古本「猫企画」という不思議なお店を目指して、横浜黄金町へ。売春宿がたくさんあるドヤ街だったらしい、あやしい昭和の気配を濃厚に残す超レトロな街を散策。目的のお店も、元売春宿。リメイクがうまい。オーナーは京都人らしい。古いものを活かすことにかけての京都人のセンスはすごい。
f0124642_9433738.jpg
途中、おしゃれなスタジオを発見したので、展示物を見学。広い空間に展示されたアート。・・・の中に、なぜかメンドリが一羽。生きてます。鶏さんも作品の一部なのだとか。みんなで時間を忘れて、メンドリ見学。動物はいやされますね~。・・・ん?これはアートなはず。

レトロとアートが混在する不思議な街黄金町・・・。新進アーティストの誘致が進んでいるみたい。街を活性化するには、まずアート、が、最近のキーワードなのかも。ついでに、古いものを生かすには、京都人を誘致、してみたらどうだろう、と思ってしまった、東京を横断して散歩をした半日なのでした。
f0124642_9434895.jpg


真ん中にメンドリさんがいます。このあと起きて、ごはんを食べたり歩きまわっていました。
[PR]
by adisesaworks | 2009-11-29 10:14 | 国内旅行

藤野

西八王子でルーシーダットンの帰り、ちょっと足をのばして藤野へ。

駅前のおしゃれな観光案内所で聞いてみると、ちょうど、オープンハウス・スタイルで、藤野の作家たちの作品が見られるということでしたので、お散歩しながら見学してきました。

f0124642_9463568.jpg

左は陶芸、アクセサリー、雑貨などを展示販売しているおうち。


右下は、織物、バック、などがメインのおうち。

作品を見る楽しみだけじゃなくて、素敵なお宅をいろいろ拝見できて、オープンハウスっていいですね♪
f0124642_935790.jpg
下は、藤野駅から見える「緑のラブレター」。

人のつながりがおもしろい、とってもアートな町でした。
f0124642_9352973.jpg
[PR]
by adisesaworks | 2009-11-14 10:04 | 国内旅行

原村①

日帰りで原村へ行ってきました。高速バスを予約した以外は、いきあたりばったりアポなし車なし、だったけど、素敵な人々と出会うことができました。

エコビレッジの人々と、秋の木漏れ日の中で、パスタ・ランチ。
建設中のドームハウス。地熱を利用した天然床暖房は、ほんとに床がほんわりあたたかなのでビックリ。中はとってもひろびろ~。素敵です。

原村のエキスパートYさんは、もとからあるその土地のやり方や考えを否定しないのが、新しく来た人と古くから住んでいる人が仲良く暮らすコツだよ、とおっしゃいます。否定してしまうと村は死んでしまう(!)のだそう。いいものをとりいれていけば、自然と地域が変化していくというスタンス。ほかの人の生き方を否定しない、っていいですね。

f0124642_984734.jpg
f0124642_985961.jpg
f0124642_993926.jpg
[PR]
by adisesaworks | 2009-10-17 09:10 | 国内旅行

原村②

徒歩で村を散策していると、日が暮れてあたりは薄暗くなってきました。真っ暗で道が見えなくなる前に、「カナディアンファーム」を発見。道に迷った旅人が親切な村人に助けられる、という昔話の気分。

建物からなにからすべてセルフビルド。しかも廃材。しかもアート。すごいですここは。

やっとありついた食事。自家製燻製、自家製野菜。

名物オーナー、ハセヤン。このストーブも手作り(!)。パワフルであたたかい雰囲気がにじみでています。最近あたりによく出没して周辺に被害がひろがっている熊の話は、自然と人間のかかわり方について考えさせられました。熊と人間、どっちをとるか、みたいな選択は、いつでも発生してくるんですよね。

おもしろかったなあ。

原村のみなさん、ありがとうございましたemoticon-0171-star.gif

f0124642_9561.jpg
f0124642_951913.jpg
f0124642_953395.jpg
[PR]
by adisesaworks | 2009-10-17 09:06 | 国内旅行

イルカとヨガの御蔵島①

ヨガ友主催の「☆森と海と星空にいだかれて☆ 御蔵島で野生のイルカと泳ぐ&ヨガもするぞ~!ツアー」という長い名前の欲張りな旅行にいってまいりました。

***********************************************

早朝、行きの船上から見た空。異様にきれいです。

f0124642_13272591.jpg
f0124642_13273862.jpg
f0124642_13275337.jpg

写真はいずれも西の方角を撮っています。白い丸は、お月さま。
東から西へ、空全体に放射状のグラデーションがついていました。

こんな幻想的な空を見るのははじめて。まるで祝福されているようだわ~♪と、よろこんでいましたが、地震雲じゃないの?、という人もいました。
[PR]
by adisesaworks | 2007-10-04 13:31 | 国内旅行

イルカとヨガの御蔵島②

f0124642_13243559.jpg朝焼けの御蔵島。三宅島側の海と空と、御蔵島側の海と空は、なんだか気配がちがいます。うねりもきつめで、よりワイルドな感じ。断崖から滝が幾筋も流れ落ちていて、ジュラシックパーク島を思わせます。

f0124642_13245533.jpg
揺れる船上でもアシュタンガの自主練(写真は私じゃありません)。どこでもヨガな人々。


f0124642_13251448.jpg
こちらは朝焼けの三宅島。三宅島は、人口比に対してのヨガ・マット保有率が、なんと、日本一なのだそう。


ところで、船内には、11月に開催される三宅島オートレースのポスターが貼ってありました。観光の打撃を受けた三宅島の復興のため、という名目らしいのですが、噴火ガスで痛めつけられている三宅島を、さらに排気ガスで痛めつけていいんでしょうか。たくさんの人に来てもらいたいなら、人力でがんばるウォーキングやチャリ・レースでもいいんじゃないの?・・・と、ちょっと思いました。
[PR]
by adisesaworks | 2007-10-04 13:25 | 国内旅行

イルカとヨガの御蔵島③

f0124642_13223626.jpgイルカに遊んでもらったあとは、酒屋の前でビールケースに腰かけて乾杯。眺望すこぶるよし。海が見えます。風きもちよし。島にはほかに居酒屋らしきものが見当たらず。



f0124642_1323143.jpg

                          ある日の宿のランチ。オムライス・ア・ラ・みくらじま。



f0124642_13231843.jpg夜の宿で、オーガニック地ビールの利き酒大会。数々の瓶ビールをはるばる持ちこんでくださった同宿の男性、ごくろうさまでした。さらに三線を持参のSさんの伴奏にあわせて、沖縄民謡の大合唱。え?ここはオキナワ?・・・いやいや、れっきとしたトーキョー・・・の夜はふけゆく。

そう、ここは東京都なんですね。ちなみに島内は番地がなくて、すべて「東京都御蔵村」。これで郵便物は届くらしいです。

宿泊先は、民宿「二郎丸」。サイトはこちら。
http://www17.ocn.ne.jp/~tamagide/

あ、私のブログには、海&イルカの写真はでてきません。水中カメラ持っていませんから。ドルフィンスイム関係をもっと見たい方は、宿のサイトをのぞいてみてくだされ。
[PR]
by adisesaworks | 2007-10-04 13:24 | 国内旅行

イルカとヨガの御蔵島④

f0124642_13195396.jpg夕食後は、今日のドルフィンスイムの状況を、ビデオでチェック。

御蔵島では、ドルフィンスイムについて、「イルカに触らない。イルカに餌を与えない。イルカを追いかけない。」・・・など、いくつかのルールが決められています。野生のイルカの生活を、なるべく邪魔せず、イルカさまのほうから、「お?おもしろそうなやつがいるから、ちょっと遊んでやるか~♪」と思わせるのが肝要なのだそうです。猫に遊んでもらうときとおんなじですね。

ということで、フリーダイブの力量が、実はかなり問われます。ある程度深く潜れ、ある程度長い時間呼吸を止め、かつ、くるくると自在に海中を舞う!、くらいできないと、イルカの興味はなかなかひけません。上のほうでプカプカ浮いている程度だと、遊び相手としては力不足。「ゴミ?」くらいの認識しかされませんから、ビギナーは、潜りのうまい人がイルカと遊んでいるのを、上のほうから鑑賞するのが、じっくり観るコツだったりします。もちろん、イルカさまの気が向けば、ド初心者のところにもやってきてくれますが。それはそれで感動ものです。
f0124642_13201654.jpg
                    ビデオのあとは、みんなでログ付け。


f0124642_13203564.jpg私のログじゃないです。これはかなりの上級者のもの。イルカマークがたくさんついてます。この日、風が強くて、海はかなりうねってました。ボートの上は寒かった~。
[PR]
by adisesaworks | 2007-10-04 13:21 | 国内旅行

イルカとヨガの御蔵島⑤

宿のお料理。心づくしの海幸山幸。魚はだれが捕ったかわかっている素性のものばかり。アシタバも、もちろん島育ち。地産地消。

f0124642_13161051.jpgこれぞ、にっぽんの朝ごはん。ふつうの卵に見えますが、実はこれ、アシタバを食べさせて育てたウコッケイの卵。




f0124642_13163145.jpg
                             夕食①
                             タカベの塩ゆで(塩焼ではないところに注目)。
                             アシタバ入り生春巻き、ほか。



f0124642_13165346.jpg夕食②
アカハタの揚げあんかけ。
イカ刺し。
アシタバのあえもの、ほか。
[PR]
by adisesaworks | 2007-10-04 13:17 | 国内旅行

イルカとヨガの御蔵島⑥

f0124642_1312593.jpg巨樹の森の中の山荘を訪問。ここは昔、集落だったそうですが、今は、たった1軒しかありません。山荘は、個人のお宅なので、ふつうに訪問しても入れてもらえません。念のため。


f0124642_13123244.jpg
島で一番おいしい湧き水をひいているという一見ごくふつうの台所。全国の名湧水をさしおいて、実は、御蔵島は湧水ナンバーワン、なのだとか。


f0124642_13124850.jpg山荘のオーナーに、湧水でひきたてのコーヒーを、ごちそうになりました。もちろん超美味♪おじさんありがとうございました。
[PR]
by adisesaworks | 2007-10-04 13:13 | 国内旅行