ナマケモノの日々


by adisesaworks

カテゴリ:トークセン(ラナ式セラピー)( 5 )

トークセン on TV

今度の日曜夜、北タイ・ラオスの古式民間療法「トークセン」がTVで初紹介されます。

9月6日(日)、日テレ、10:00~、「おしゃれイズム」、で放映予定。

タイ式ファンなら要チェックですね♪
[PR]
by adisesaworks | 2009-09-04 10:57 | トークセン(ラナ式セラピー)

これがトークセンだ!

f0124642_109221.jpg














高尾山ツリーダムのアラブ・タイ・コラボ・イベント「荒ぶる多意識」での、トークセンのデモンストレーション。写真を送っていただいたのでアップしてみました。トークセンのライブ、しかもデュオというのは、日本初かも、と自負しております(笑)。

トークセンは、北タイ・ラオスなどに伝わる民間療法で、雷に打たれた木で、筋肉、腱、内臓、脳、ツボや経絡などに刺激をあたえ、心身をアクティベートするシャーマニックな技法です。
[PR]
by adisesaworks | 2009-06-03 10:26 | トークセン(ラナ式セラピー)

トークセンの感想

f0124642_9574113.jpg今年からスタンダードなタイ古式マッサージに加えて、スタートした新メニュー、タイの独特な民間療法「トークセン・マッサージ」(某高級ホテルのスパでは「ラナ」という名前で呼んでいるそうですが)を、受けた方から、感想をいろいろいただいていますので、ここに一部アップしてみます。チェンマイでもやっているのは、ごく少数。まして、日本では、あまり知られていない療法なので、どんな感じのものなのか、お知りになりたい方の参考になれば、幸いです。

****************************
首から背中から足と頭蓋骨
トントントン トントントン
トントントン トントントン
トトトトトト

振動が骨を伝わって全身に行き渡り、均されていく心地よさ!
埋もれた何かが浮上する感じ。自然に、自然に。

まるで自分が木魚になったみたいな気持。

雑誌で写真見ても「気持ち良いのか??」とやや疑問でしたが
食わず嫌いは損ですねー。
不眠症に悩む人には是非お勧めしたいセラピーです。

お勧めポイント1:痛くありません。

お勧めポイント2:深層筋に効きます。
    
お勧めポイント3:音による癒し効果
    
ピンポイントでつぼを叩いてくれるので、
針よりは痛くないけれど、コリがあるところは響いてきます。

背中がこりこりだったけれど、今とてもすっきりしています。

このトークセンの必殺技は、頭の中まで響くことだと思いました。

指圧では脳みそまで届かないけれど、
トントンという振動が、脳みそや松果体に、
目覚めを促しているようでした!

トークセン、見た目は全然似てないんだけど、本質的には「打たせ湯」に似てる、と思った。ナチュラルマテリアルな触感と、重力刺激と、身体のほぐれていき方が似てる。

サハスラーラとアジナのつながり方が、よくわかる感じ。

身体の中からなにかが、落ちていった。


******************************

うちにいらっしゃる方は、マッサージ好きの中でも、かなり身体オタク度の高い方が、もともと多いうえに、未知の手法、「トークセン」にチャレンジしてくださった方は、さらに、かなりマニアック。・・・なので、こんな面白い感想が続々と。

・・・読んだ人、ますますわからなくなっちゃったかも(笑)。
[PR]
by adisesaworks | 2007-04-16 10:31 | トークセン(ラナ式セラピー)

原風景の中の音

f0124642_10573973.jpg
寒い冬の朝、お布団の中で聞く、朝餉のしたく。葱をきざむ、まな板と包丁の音・・・。
刈り入れた稲を、木槌でたたいて脱穀する農家・・・。
トークセンを叩いていると、こんな光景がよみがえってきます。

メロディのない音と振動のつらなり。人間の意図とはまったく無関係な音・音・音・・・。
音楽も素敵ですが、つくられた音は、ときには飽きてしまったりします。

現代文明、左脳社会で、単なる騒音、と切り捨てられてしまった音たち。
波の音、蝉の声、滝の音、蛙の声、大工さんが家をつくる音、お寺の鐘の音、風が吹くたびにざわめく竹林の音、カタカタと畑で揺れる鳴子の音・・。こんなものが心地よかったりします。

人間の身体の70%は水。振動がよく伝わるのも水・・・。

・・・トントントン、と、単調にくりかえされる木の音・・・。

世の中がまだこんなに便利ではなかったころの手仕事のぬくもりを感じさせてくれる音。大地と再びつながるための音。

今までかえりみられることのなかった、幻の療法、トークセンも、こんなところによさがあるのかな、と思っています。
[PR]
by adisesaworks | 2007-01-12 11:46 | トークセン(ラナ式セラピー)
f0124642_9242383.jpg

これ、トークセンのお道具です。雷が落ちた木でつくることによって、霊力が宿ると信じられています。タイでトークセンを継承している方がつくってくださった私の宝物です。
f0124642_9244970.jpg


まだ日本でほとんど知られていない、「トークセン」をご紹介します。タイ北部、ラオスなどでごく少数の方が継承している伝統民間療法です。

「トーク」は「叩く」、「セン」は「エネルギーのとおりみち」といった意味があります。その名のとおり、写真の木槌と杭で、トントンと身体のあちらこちらを叩いていきます。

指や手のひらの圧では届かないところへも、振動が波紋となって届くようです。リズミカルな音の連続が、心地よい子守唄となって、半眠半覚の世界へいざなってくれます。・・・というよりも、スヤスヤとお休みになってしまう方が、ほとんどです。

独特の筋肉やエネルギーラインへのほどよい刺激が、かなり身体をゆるませます。また、全身の血流がかなりよくなるようで、身体がポカポカとしてきます。

私も大好きな「トークセン」、を、新メニューに加えてみました。

タイ古式マッサージが「熱の波」、なら、トークセンは「音の波」、といったところでしょうか。トランシーな感じのするところも、とても気にいってます。


f0124642_925937.jpg

この木でつくられたのではありませんが、なんとなく木をアップしてみたかったので。
[PR]
by adisesaworks | 2006-12-28 09:47 | トークセン(ラナ式セラピー)