「ほっ」と。キャンペーン

ナマケモノの日々


by adisesaworks

<   2007年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

おかげさまで好評をいただいております、アロマ・オイル・トリートメント。

・・・ですが、ここで問題に遭遇。オイルまみれになったシーツやタオルのお洗濯に追われるハメに。
これまで愛用している洗剤は、「EM粉石鹸」&「松の力」。これ、かなりいいんだけど、予想を上回る洗濯物の山。しかもかなりオイリー。

そこで、長いことさぼっていたEM発酵液を、再び仕込んでみました。

原液使ってもいいんだけど、かなりもったいないので、微生物を自家培養して増やすのです。それと、発酵させることで、休眠中の微生物が起きて活動しはじめるので、パワーアップするみたいです。

これ、油ヨゴレ対策に、かなり有効なのは、何度も実験済。

たとえば、油ギトギトのプラスチック・タッパー(家事をする人ならご存知。なかなか落ちないのよね~)に、ドボーッと入れておくと、数時間後には、サラサラ。一晩つけおきなら、なおさら。水で流すだけで、油汚れがカンペキに落ちてしまいます。

それから、使用済アロマ・オイルを入れた容器にも、タラ~リ、と垂らしておくと、やっぱりサラサラ。そのあと洗えば、下水にオイルを垂れ流しする心配なし。

・・・頼むぞ、微生物。

発酵終了予定は、1~2週間後。使ってみたら、またレポートします。これの問題点は、ときどき発酵に失敗して、臭くなってしまうこと。・・・そうなると、お洗濯には不向き。ほかの用途にまわします。
f0124642_7121722.jpg

左ペットボトル2本が、仕込んでみた発酵液。
[PR]
by adisesaworks | 2007-04-30 07:18 | 日々のあれこれ

竹の子ごはん

今が旬のタケノコで、竹の子ごはん、をつくってみました。

f0124642_1184367.jpg
f0124642_1185317.jpg

★材料・・・米2合、ゆでたタケノコ・・・約半分、塩、しょうゆ、ゴマ油
★作り方・・・うすぎりにしたタケノコ、米、水、塩、しょうゆ、ゴマ油少々、を土鍋で炊いて、できあがり。

超カンタン。酒を入れずにゴマ油少々を垂らしておくのが、私流。ちょっぴりコクと風味がでます。

皮つきのタケノコを買ってきたら、先端の部分を切り落とし、ヌカひとつかみ、赤とうがらし2本、たっぷりの水でゆでるのがコツ。途中、竹串などをさしてみて、やわらかさをチェック。(今回は、八百屋さんで、ゆでたものを買ってきて手抜きをしていますが)。

生命力にあふれている旬のものを食べるのが、おすすめ。

お米は、「さわのはな」7分づき、を使用。ご縁のある方しかめぐりあえない不思議なお米。一部でファンが急増中。

お米情報は、下のサイトから。

http://www004.upp.so-net.ne.jp/net-nouen/
[PR]
by adisesaworks | 2007-04-25 11:27 | かんたんヨガごはんレシピ

アースデイ2日目

アースデイ、なんとか無事終了。

来てくださった方たち、ありがとうございました。それから、希望されたけれど、受けられなかった方たち、ごめんなさい(mーーm)。予約作業まで手がまわらなくて、いきあたりばったりになってしまいました(反省)。

*********************************************

1日目よりも、さらに強風・・・。これにはまいりました。大判の布4枚で周囲を囲って蚊帳のようにして、アジアン・リラクゼーションの雰囲気にするもくろみは、あまりの風で、あえなく断念。タイのお香も用意して焚いてみたけど、風で香りは即座にふきとんでしまい、手作り看板も広げられず・・・。

どこからどう見ても荷物置場としか見えないスペースとなってしまったので、来場者には、まさかこんなところでマッサージをやっているとは思われず、午前中はヒマ。 午後、アシュタンガ仲間がやってきて、マッサージを受けてくれてからは、予約が怒涛のようにはいりました。・・・やっと、来場者に、タイ・マッサージ屋さんがあるんだ~!、と認識されたみたい。

スタートがおそくなってしまったので、最後のお客さまは、途中で、テントの解体にさしかかり、荷物置場が工事現場に早変わり・・・。さらなる強風はふきつけて、ゴミが顔にも身体にも・・・。テントもなくなり、終わったころは、路上タイマッサージ・パフォーマンス屋さん、となっていたのでした。嗚呼・・・。(ーoー;)。するほうもするほうだけど、こんなところで受けるほうも、かなりの根性の持ち主・・・。

おつかれさまでした~。

f0124642_10272173.jpg左の写真は、マッサージマットから場内を見たところ。


f0124642_10273399.jpg
f0124642_10274671.jpg右の写真2枚、は、アースデイではなくて、チェンマイの青空バザールのマッサージ屋さん。アースデイに関係ないんだけど、イメージ映像として入れてみました。

日本では、マッサージはサロンでするもの!、という認識があるけれど、チェンマイじゃ、青空マッサージ屋さんは当たり前。空を見ながら雲を見ながら、おばちゃんたちと世間話をしながら、ワッシワッシとやってもらうマッサージのほうが、どんな高級サロンよりも、実は私好み。
[PR]
by adisesaworks | 2007-04-23 10:39 | イベント

本日のアースデイの様子

いや~、なかなかブースの場所が発見できず、マット&荷物をかついだまま、ずいぶんウロウロしてしまいましたが、5名様、させていただきました。

その後は、知り合いが続々とやってきたので、マッサージ・マットの上は、お酒持ち込みOKの休憩所となりました。

風が強かったけど、晴れてくれたので、なによりでした。

明日も参上の予定。お天気くずれないと、いいんだけど。

f0124642_196108.jpg
f0124642_1962570.jpg
f0124642_1963667.jpg
[PR]
by adisesaworks | 2007-04-21 19:09 | イベント

アースデイ2007

4月21日(土)、22日(日)、代々木公園にて、毎年恒例の、「アースデイ」、が開かれます。

シンプル、ナチュラル、オーガニック、な生活に関するお店が、もりだくさん。ライブやワークショップも、てんこもり。

・・・今年は、私も、出店組です。

よかったら、足を運んでみてください。

下は、アースデイのサイトです。

http://www.earthday-tokyo.org/
[PR]
by adisesaworks | 2007-04-20 10:54 | イベント

トークセンの感想

f0124642_9574113.jpg今年からスタンダードなタイ古式マッサージに加えて、スタートした新メニュー、タイの独特な民間療法「トークセン・マッサージ」(某高級ホテルのスパでは「ラナ」という名前で呼んでいるそうですが)を、受けた方から、感想をいろいろいただいていますので、ここに一部アップしてみます。チェンマイでもやっているのは、ごく少数。まして、日本では、あまり知られていない療法なので、どんな感じのものなのか、お知りになりたい方の参考になれば、幸いです。

****************************
首から背中から足と頭蓋骨
トントントン トントントン
トントントン トントントン
トトトトトト

振動が骨を伝わって全身に行き渡り、均されていく心地よさ!
埋もれた何かが浮上する感じ。自然に、自然に。

まるで自分が木魚になったみたいな気持。

雑誌で写真見ても「気持ち良いのか??」とやや疑問でしたが
食わず嫌いは損ですねー。
不眠症に悩む人には是非お勧めしたいセラピーです。

お勧めポイント1:痛くありません。

お勧めポイント2:深層筋に効きます。
    
お勧めポイント3:音による癒し効果
    
ピンポイントでつぼを叩いてくれるので、
針よりは痛くないけれど、コリがあるところは響いてきます。

背中がこりこりだったけれど、今とてもすっきりしています。

このトークセンの必殺技は、頭の中まで響くことだと思いました。

指圧では脳みそまで届かないけれど、
トントンという振動が、脳みそや松果体に、
目覚めを促しているようでした!

トークセン、見た目は全然似てないんだけど、本質的には「打たせ湯」に似てる、と思った。ナチュラルマテリアルな触感と、重力刺激と、身体のほぐれていき方が似てる。

サハスラーラとアジナのつながり方が、よくわかる感じ。

身体の中からなにかが、落ちていった。


******************************

うちにいらっしゃる方は、マッサージ好きの中でも、かなり身体オタク度の高い方が、もともと多いうえに、未知の手法、「トークセン」にチャレンジしてくださった方は、さらに、かなりマニアック。・・・なので、こんな面白い感想が続々と。

・・・読んだ人、ますますわからなくなっちゃったかも(笑)。
[PR]
by adisesaworks | 2007-04-16 10:31 | トークセン(ラナ式セラピー)
f0124642_8352492.jpg
f0124642_835354.jpg
マッサージ屋さんでよくあるのが、ホットパック。横になった状態で、温めたタオルを、お腹や背中に、しばらく当てておく・・・というもの。

で、よくあるのが、電子レンジでチン!・・・これ、私的には、かなりイヤ。電子レンジは、なるべく使いたくない派。さらにイヤなのは、使い捨てカイロみたいなやつ。全然ナチュラルではないので、あとが気持ち悪い。

で、なにかほかに替わるものがないかと、思っていたら、ありました。「コンニャク療法!」。うわさには聞いていたので、Mさんの主催するオーガニックなお料理の会に、先日参加して、教えていただきました。(こちらの会では、ときどき、お料理以外のこともやっていて、楽健法、のときもありました)

グラグラ沸騰するお湯でしばらくゆでた、熱々のコンニャクをタオルに包むだけ・・・これで、お手軽ホットパックのできあがり。・・・しかも、ぜんぜん冷めない!長持ちする!・・・画期的です。天然素材の自然な冷め方は、身体にも理想的。

これ、かなりおすすめ。気持ちよくて簡単、安心♪

写真左は、タイでよくあるハーブボール。蒸したボールを身体にぺったんこ。ハーブの成分が身体に浸透・・・という触れこみだったりするのですが、服の上から当てるマッサージ屋さんが、かなり多し。・・・要は、温かいものを身体に当てれば気持ちいいっ、ていうことみたい。うちでもやってみたけど、すぐに冷めちゃうので、かなりの数のハーブボールを用意しておかないとダメだから、複数のセラピストさんがいて、蒸し係りをやってくれないと、ちょっと無理。しかも、日本ではハーブボール、かなりお高いです。

・・・日本には、日本の自然療法!これでいいのだ。
[PR]
by adisesaworks | 2007-04-08 08:42 | 日々のあれこれ

ラタトゥーユ

桜の季節だけど、もう初夏の気分。・・・で、夏といえば、食べたくなるのがこれ。

f0124642_8155773.jpg★材料
ズッキーニ・・・2本、ナス・・・2本、新玉ねぎ・・・1個、熟したトマト・・・大1個、ピーマン・・・2個、塩、オリーブ油・・・好みの量

★作り方
①野菜をザクザクと切る。
②オリーブ油で、材料を炒める。ピーマンは最後に。
③塩を振りいれながら、野菜がしんなりするまで、炒め煮する。煮汁が十分に残っている状態にしておくのがポイント。途中水を足してもよい。

冷めてもおいしい・・・というか、ラタトゥーユは冷めたもののほうがおいしい、と思うので、たっぷり作って冷蔵庫に入れておきます。パンにもパスタにもとてもよく合います。

写真に写っているのは、近所の「吟遊詩人」のパン。最近はコーンブレッドがお気に入り。
[PR]
by adisesaworks | 2007-04-03 08:34 | かんたんヨガごはんレシピ

都会の深海で貝になる

f0124642_83998.jpg ディープなシャバアサナをしたくなったとき、ときどき、おとずれるのが、ちょっと風変わりなリラクゼーションサロン「ECCO HOUSE」。けっこうお気に入りの場所。「意識の中心」のジョン・C・リリィ博士が開発したアイソレーション・タンクのあるところ。

外界から遮断された真っ暗なエプソム・ソルトの海の中で、無重力状態で、ただ浮く。

目を開けても何も見えない。外の音もなにも聞こえない。暗闇に浮いた身体が、回転しているような感じ、身体が上下にス~ッと、なが~くのびる感じ・・・そんなものを感じながら、ボーっとしている。

いろいろな考えや妄想がひろがってくるという感じもない。考えるのが、かなりめんどくさくなっているので、とてもシンプルなことしか頭に浮かんでこない。海の中にいるときも、複雑なことは考えられなくなっているので、それに似ているのかも。

そのうち何も頭に浮かばなくなってくる。ときどきは、そのまま眠ってしまう。

五感の遮断。情報の断食。身体を、「支える」という仕事から、開放してあげる。 心と身体を完全にリラックスさせてあげると、本来の自分が、どんどん現れてくる。・・・そんな感じ。

なまけものの瞑想装置(笑)。これ、なかなかいいです。

「ECCO HOUSE」のサイトはこちら。
http://eccoproject.com/
[PR]
by adisesaworks | 2007-04-02 09:06 | 日々のあれこれ