「ほっ」と。キャンペーン

ナマケモノの日々


by adisesaworks

<   2007年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

さよなら2007年

f0124642_955629.jpg

☆☆☆今年ご縁のあった方、いろいろありがとうございました。よいお年を♪☆☆☆



年末年始もまったく平常どおり。
なので正月の準備もな~んにもなし。
気楽なもんです。

近所の神社に初詣をするくらいかなあ。
[PR]
by adisesaworks | 2007-12-31 10:03 | 日々のあれこれ
f0124642_1024552.jpg
年末の部屋の掃除をすませたら、セージを炊きたい。

セージを切らしていたので、吉祥寺のOpen Heartへ。

まずは目的のセージを購入して店内をぶらり。福袋を発見。五千円也。

ちょっと迷ったけど、今年後半、原則休みなし、で、働いた自分にプレゼントすることに。福袋買うのはじめて。

うれしいので、中身をお披露目。

①フラワーエッセンス「Larkspur」
②フラワーエッセンス「Penstemon」
③フラワーエッセンス「Kali」
④ブレスレット
⑤入浴用ドライ・カモミール

ちなみに、③の「Kali」は、ヒンズーのカーリー女神のことです。首にドクロを巻いて舌を出しているやつ。 ヨガっぽいね?
[PR]
by adisesaworks | 2007-12-30 10:07 | 日々のあれこれ
f0124642_11522910.jpg年末といえば大掃除。でもうちでは小掃除。狭いから大掃除にならないのよ。

しかも、うちには電気掃除機はなし。昔はあったんだけど、こわれたのを機に買い換えず箒(ホウキ)でやってみたら、こっちのほうがだんぜん使いやすかったから、そのまんま。

収納場所をとらない。じゃまなコードを気にしながら移動する必要がない。小回りがきく。おまけに、安い。電気がいらない。ホウキえらい!

ということで、今年もホウキで小掃除ですます年の暮れ。
[PR]
by adisesaworks | 2007-12-29 12:05 | 日々のあれこれ

風邪のときには生姜

f0124642_11211727.jpg風邪をひいて早1週間。ときどき発熱。きったない鼻水・痰が出ること出ること。こんな大風邪ひいたのは、10年ぶり以上。来年はかなりの変化が予想されるので、年末の身体の大掃除スペシャルといったところ。

医者にもいかず薬も飲まない私が風邪のときにやっていることは、どれもあたりまえな原始的方法。

①食事の量を減らす。消化に無駄なエネルギーを使わないため。というか食べたくないもん。
②なるべく時間をつくって寝る。仕事があるとそうもいかないけど。
③あたたかくする。

あと、風邪がひどいときには、「生姜」。今回もお世話になりました。

まずは、「しょうがドリンク」。ゆずやレモンの絞り汁、生姜のすりおろし、ハチミツ、にお湯を注いでかき混ぜて飲む。

お次は、「しょうが湿布」。生姜のすりおろしを布に入れ、洗面器のお湯の中で絞り汁を出し、その中にタオルをつける。やや熱めのタオルで、気管支あたりを湿布する。何回かくりかえす。これ、かなり気持ちいいです。難点は、熱のあるときに自分で用意する気になれないこと。

さらに、「しょうが足湯」。上のしょうが湿布でつかった洗面器のお湯で、足湯。無駄にならないでしょ。

おすすめですよん。
[PR]
by adisesaworks | 2007-12-29 11:50 | 日々のあれこれ

べジ・クスクス・ランチ

f0124642_11124480.jpg

お料理好きなヨガ友Nちゃんが作ってくれたオリジナル・ランチ。

黄色いつぶつぶがクスクス。大根とトマトのシチュー。オリジナルドレッシングのサラダ。パンも手作り。

おいしかったわ~♪大根とトマトって相性がいいのね。
[PR]
by adisesaworks | 2007-12-29 11:18 | かんたんヨガごはんレシピ

X’mas~☆☆☆

f0124642_942256.jpgえ?クリスマス?・・・やらないです。な~んにも。まったく平常どおりです。

ストレス指数の表、っていうのがあって、いろいろな出来事のストレスの度合いを表にしたものを見たことがあるんだけど、クリスマス、っていうのも、かなりのストレスになっているんだそう。

あ~、飾りつけどうしよう、あ~、ごちそうどうしよう、あ~、プレゼントどうしよう、いくとこないけどどうしよう、一緒に過ごす人いないけどどうしよう、めんどくさい人たちと会わなきゃならないけどどうしよう・・・こんなことが多いからなのではないでしょうか。

それに加えて、日本だと、クリスマスが終わるとすぐに正月の準備。

せわしなすぎです。

かつては、侵略の手段として布教されたキリスト教。いまは消費の戦略としてのクリスマス。

真冬なのに、メロンやいちごを買う人も多し。季節を無視したお買い物は、電力、石油、などのエネルギーを大量に使わないと、できないし。ちょっと豪華なものを食べたり飲んだりするために、はるばる遠方から運んでこなくちゃならないし。

フードマイレージなんかてんで無視のこの期間。ロハスなんて言葉だけなのねえ。

あおられたくないわ~。

写真は近所の商店のもの。うちにはリースありませんから。
[PR]
by adisesaworks | 2007-12-23 09:45 | 日々のあれこれ
f0124642_1101724.jpg

今朝は、スリアナマスカーラA、を歳の数だけやって終了。ドッグポーズで5呼吸もきっちりとして、時間はだいたい1時間弱。このペースだと108回で2時間くらいかかるのかな?

昨日は、ひさびさにアイソレーションタンクで、フローティング。湯冷め?をして、今朝はふたたび風邪っぽい。なので、ちょこっとだけ朝練をして帰ろうともくろんでスタートするも、途中からやめたくなくなり、そのまま続行。どうせなら歳の数だけやってみようと、なったしだい。そんなに苦にならなかったので、108回も案外いけるかも。五体投地も、こんな気分なんだろうか。

ところで上のアイソレーションタンクについては、ご存知ない方も多いと思うので、いちおうサイトを、ぺったんこ。

http://www.eccoproject.com/

外界から遮断された真っ暗なタンクの海の中で、無重力状態で浮きながら、シャバアサナ。水の棺桶の中の屍体と化す。

外側の殻をはずしてゆるめてあげると、本来の自分が現れて、なんにもしなくても治癒はおきるんじゃない?、エクササイズである程度の体力をやしなったあとは、瞑想やなにかで自分と向きあってれば、医者もマッサージ師もいらないんじゃない?という、実はマッサージ師にあるまじき信条の私にとって、これはかかせない。

人の手を介さないから、完全にニュートラルな状況っていうのもとてもいい。

ま、とにかく、現代の東京は、とにかくうるさい。真っ暗闇というのもなくなってしまったので、わざわざ探していくしかないんである。

今日はキャンドルナイト。キャンドルの灯りもいいけれど、いっそ、暗闇ナイト、っていうのもいいかな。
f0124642_10593917.jpg


上のケーキは、先日のバースデイに、お友達がカラオケハウスでお祝いをしてくれたときのもの。カラオケにいったのは、10年ぶり以上。ホテルとまちがえそうなカラオケ屋の変貌ぶりに、かなりびっくりしましたです。ふだんやってないことをやってみよう、ということでいってみましたが、いや~、東京はすごいところですね。(東京生まれ東京育ちなんですが・・・)。

喧騒と静寂をいったりきたりの毎日です、はい。
[PR]
by adisesaworks | 2007-12-22 11:28 | 日々のあれこれ
施術者のエチケットとして、最低限気をつけていることは、まず自分のメンテナンス。

体調不良、精神不安定、よどんだエネルギーのセラピストにあたったら、これはお客さまにとっての災難。私だっていやだもの。

で、私にとって、欠かせないのが、もちろんアシュタンガ。

早朝、いいプラーナが満ちているときに練習して、身体中のエネルギーを活性化。ハードなヨガなので、ついでに筋力もかなりアップ。終わったあとは、エンドルフィン全開の、いい気分。

それから、セラピストたちが、よく気にしているのが、ネガティブ・エネルギーを受けてしまうのを、どうするかってこと。

邪気払い用に、よく腕にパワーストーンのブレスレットをつけていたりする。手を洗いまくる人もいる。たぶん、ネガティブ=悪いこと、邪気、の意味なんだと思うんだけど、私は、これ、あまり気にしないほう。

エネルギーに、いいも悪いもないと思ってるから。相対的に、動いている⇔止まっている、中心に向かっている⇔外に向かっている、拡大しつつある⇔収縮しつつある、っていうのは、ありだけど。

でも、施術後に不調になってしまうセラピストは、けっこういる。で、これは、たぶん、呼吸と姿勢の問題なんじゃないかと。

いやな相手、いやな状況、と思った瞬間、無意識に呼吸を止めちゃったり、腰がひけちゃったり、したんじゃないかと。

と、思っているので、ジャッジしそうになったら観察するように、心がけているのね。

先日、生ニンニクを大量にお召しあがりになったと思われる男性客がいらっしゃった。う~、くさ~、息をとめ腰もひけそうになったけど、ニンニクだわね~、と観察しながら呼吸していたら、ぜんぜん気にならなくなってしまった。エネルギーとは関係ない話だけど。

で、タイ古式のよさは、おたがいの呼吸が合ってくると、終わったあとに、こちらもかなり元気になってしまう、っていうこと。

ニンニクのにおいがちょっとうつってしまったけど、まあ、いいか。
[PR]
by adisesaworks | 2007-12-15 11:36 | タイ古式マッサージ

肩こりの消えたわけ

スパで、はじめてお会いしたお客さま。

以前は肩こりがものすごくひどくて、整体、マッサージ、針灸、温灸、とにかく肩こりに効きそうなものには足しげく通っていたらしい。・・・にもかかわらず、何十年ものあいだ、なんの進展もなかったそうな。

で、ある時期から肩こりが気がついたらスッパリと消えていたんですと。

仕事や生活上の変化も特になく、運動を始めたわけでもなく、ご本人も、これだと思い当たる理由がどうもはっきりしないらしい。

ただひとつ、これかもしれない、というのが、「食事の量を減らした」ということだけ。

食べすぎが肩こりの元だったんですね~。

ふくれた胃が周囲の臓器やら骨やらを圧迫して脊柱をゆがませたり、胃のハードワークが背中の筋肉のコリをまねいたり・・・ってことありますもん。

飲んだり食べたりが増えるこれからの季節、食べすぎ飲みすぎには要注意ですね。

・・・というか、そもそも現代日本人は食べすぎです。

もともと木の実ひろいや、魚とりやら、を一日中して、やっとこさその日の食べ物を得るようにできている人間の身体。これが虫だったら、世代交代もすばやくできて、状況にあった身体にすぐにバージョンアップされるんでしょうけど、ヒトの身体は、そう簡単には変わりません。

動く量が少ないのに、食べてもねえ。一日30品目クリアなんて、神話に踊らされちゃいけません。

中国の人は中華料理、イタリアの人はイタリア料理、フランスの人はフランス料理、ブラジルの人はブラジル料理、エジプトの人はエジプト料理、インドの人はインド料理。

牛から採れたものだけ食べてる元気な民族もいるし、おイモだけで暮らしているような人たちだっているんです。

日本の食卓は、和洋中その他エスニックが日替わりで並ぶのがあたりまえ。

食べすぎで肩こりになるわけですよねえ。

ところで、くだんのお客さま、肩こりは解消されたのに、なぜかタイ古式マッサージには、はまっているの。肩こりなくても、気持ちいいことが好きだから、なんだって。

f0124642_11101388.jpgf0124642_11102463.jpg
[PR]
by adisesaworks | 2007-12-14 11:14 | タイ古式マッサージ

ドリスティは盲点だ

「目が泳いでた。」

ドロップバックでおりるのにジタバタ苦心していたころ、よろよろとあがってきた私に師がニッコリしながらひとこと。

「あ・・・。」

こわさのあまりにみることができてなかったんだね。無意識に避けてしまっていたんだよ。

フィジカル的には、目線がぶれることで、身体が確実にぶれてしまう。こわいと思うと腰がひけてしまって、肝心なところに力がこもらない。・・・が、そんなことより、ちゃんとみることができていなかった自分に気がつかされた。アーサナだけでなくてね。

それからなるべく目線に気をつけて、しっかりみる努力を、ほんの少しだけするようにした。

みるのはこわい。・・・でもみないことのほうがもっとこわい。

そのうち、そりかえりながら床がしっかりとみえるようになった。そして少しこわくなくなった。


※ドリスティは、目線の位置のこと。アシュタンガでは、アーサナごとに、この位置が決まっています。
[PR]
by adisesaworks | 2007-12-11 10:16 | ヨガ