ナマケモノの日々


by adisesaworks

<   2008年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

春。桜満開~。

いいお天気なので、近所の公園で買物ついでに桜を見ていたら、高尾山のその後の状況が気になって、買い物袋片手に、そのまま高尾山へいってしまいました。・・・あいかわらず脈絡、計画性のない行動・・・(--;)。よくいえば、スピリットのおもむくまま(苦笑)。


f0124642_915272.jpgトンネル工事の崩落現場。遠くから携帯電話カメラで撮影したので、ちょっとわかりずらいかな。

トンネル穴の左側の山の斜面の、なんだかとりちらかっている部分がそれです。











f0124642_912058.jpg
ちょっと遠景から。
かなり大々的な工事。それもそのはず。高尾山と、その他2つの山の合間に、ジャンクションをつくるからなのだそう。・・・トンネルだけじゃなかったんだ。なんでこんなにいいところに、よりによって・・・。

さらに、くわしい情報は、おなじみ、こちらのサイトをチェックしてみてね。
http://kenju-iitomo.sblo.jp/

こちらもおなじみ、日々更新。
http://otera6.jugem.jp/

**********************************************************

なぜこんなに高尾山トンネル工事にこだわるのか・・・・。いや、ほかにも気になる出来事は世界にたくさんあるんだけど、東京の中央線住民としては、これが一番みじかなことだから、ということなんだよ、たぶん。

買うものが、なるべく地産地消、なら、アクションも、なるべく地産地消、にしてみたい、ってこと。

スローなLOHAS生活といえば、よくとりあげられるのが、イタリア、トスカーナだったりするんだけど、そこで暮らしている人が、なんでLOHASかといえば、長いあいだ、そこの土地に暮らすことを大切にして、楽しんできたからだこそ。

日本でいえば、京都の生活がそんな感じ?

近所を歩くのが楽しい。近所のおじさんおばさんがつくってくれたものがおいしい。そんな生活だったら、大枚はたいてなにも海外にでかけていって、ひとときのリゾートなんかしなくてもいい。帰ってきたら、どうせ、うっとうしい毎日がはじまるんだから。

美しくない場所は楽しくない。美しい場所をつくりあげるのは、長い時間つみかさねられた美しく暮らそう、という意識。まずは自分の家から。そして近所から。

そんな場所に東京がなればいい。
[PR]
by adisesaworks | 2008-03-30 09:39 | 高尾山
f0124642_8412613.jpg



国道20号沿い、ホテル・プランタンのちょっと先に・・・。

おお、看板が健在だ~。ここを右に曲がって、と。








すぐ先には、こんな看板があるのよね~。「注意してご通行ください」だってさ。
「通行禁止」ではないので、よく見てね。
f0124642_8413988.jpg

f0124642_8415197.jpg

デッキに到着。
あら~、アートな垂れ幕が増えていて、素敵だわ~。

今日も国交省の人たちが来るかと思っていたら、もう午前中に来ちゃったんだって。遭遇できず。
[PR]
by adisesaworks | 2008-03-30 08:57 | 高尾山
f0124642_83797.jpg
コタツもまだまだがんばっています。

この日は、渋谷から自転車で来た(!)方が、いらしてました。





f0124642_831865.jpg
和居和居デッキの前を流れる沢。スタッフの方が、ここのお水で、おいしいコーヒーをいれてくれました。ここの沢も、どんどん水量が、減ってきているそうです。

水枯れといえば、深刻なのが、琵琶滝の上の沢。琵琶滝は、滝行でも知られていますが、水枯れ対策として、なんと、沢に水道水をひく、計画になっているそうです。

塩素殺菌の水道水で滝行するんだったら、家のシャワーと、かわりないじゃないですか~。修行にならんぞ~。f0124642_832882.jpg



なんという名前の植物なんでしょう。かわいい。

高尾のお山は、貴重な動植物の宝庫。夜にはムササビが飛ぶそうです。まるで猫がとんでいるようなのだとか。うう、ぜひ見てみたい。

トンネルなんかつくったら、いったいどうなっちゃうんだろう。

ミシュランは、この話を知っていて、三つ星つけたんだろうか(謎)。聞いてみようかなあ。



ところで、国交省が、調査を依頼した会社は、こちらだそうです。25日に連れてきた、専門家という女性は、ここのアルバイトの人らしい。えええ、バイトなのぉ~~~。どうりで動植物のこと、自然のこと、ちっともわかってない、とは、現場にいた人のお話。私もバイトに応募してみるか~(爆)。

http://www.todec.co.jp/
[PR]
by adisesaworks | 2008-03-30 08:31 | 高尾山
ここのところ、ずーっと高尾山のことばかり書いていたので、ここらでちょっと小休止。

山形の新庄水田トラストのお百姓さんから、お米とタラの芽が届いたので、こんなものをつくってみました。
f0124642_7333552.jpg
「納豆カレー」
★材料
玉ねぎ・・・2個、トマト・・・2個、しょうが・・・1片、りんご・・・1個、納豆・・・1パック、カレー粉、ガラムマサラ(あれば)、塩、しょうゆ、こしょう、オリーブ油
★作り方
みじん切りの玉ねぎ、しょうが、をじっくり炒め、細かくきったトマト、りんご、を加えてさらに炒め、納豆、を加えてされに炒め、水をテキトーに入れて煮込み、調味料を投入。

納豆が、ほどよくコクを出してくれて、思わぬおいしいカレーとなりました。


「タラの芽サラダ」
★材料
タラの芽、オリーブ油、塩
★作り方
タラの芽は、さっと塩ゆでする。水気を切ったら、オリーブ油と塩であえて、できあがり。

タラの芽といえば、天ぷら、や、胡麻和え、が、一般的、なんだけど、めんどくさいから、もっと簡単でおいしい方法はないものかと、やってみたのが、これ。

超カンタンで、うまうまですf0124642_7585767.jpg

こちらは、近所の桜。満開です。
[PR]
by adisesaworks | 2008-03-30 07:53 | かんたんヨガごはんレシピ
昨日27日、たまたま見ていた夜8:45からのNHK「首都圏ニュース845」で、「トンネル工事現場の崩落」、を知りましたので、ニュースをコピペしておきます。

http://s03.megalodon.jp/2008-0328-0214-22/www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/04.html

現場の動画はこちら。
http://jp.youtube.com/watch?v=0v-qsIwwUxA

*********************************************************

26日夜、東京・八王子市の圏央道のトンネル工事現場で土砂崩れがあり、入り口が道路の基礎ごと崩落していたことがわかりました。

土砂崩れがあったのは、建設中の圏央道・上り線の城山八王子トンネルの八王子市側の入り口付近です。
建設にあたっている国土交通省相武国道事務所によりますと、26日夜8時過ぎ、入り口付近の山の斜面が高さ50メートル、幅50メートルほどにわたって崩落しました。
およそ1キロほど掘り進んでいましたが、この土砂崩れでトンネルは、30メートルほどが道路の基礎ごと崩れたということです。
26日は、4人の作業員がトンネル内で消火設備を設置する作業にあたっていましたが、午後6時半ごろ、入り口付近の天井に亀裂が見つかったため、工事を中止して外に避難していたため、けが人はありませんでした。
相武国道事務所では、今後専門家による調査委員会を設置して、土砂崩れの原因を調べることにしています。
圏央道は、平成24年度に八王子から神奈川県相模原市までの開通を目指して、工事が進んでいました。
相武国道事務所では、「開通に遅れることがないように再発防止策を検討したい」と話しています。

**********************************************************

下は、本筋とは関係ない個人的余談。

数年前に高尾山で買った、龍が水晶を持っているキーホルダーに鍵をつけて、いつも持ち歩いていたんだけど、かなり頑丈だった紐が、3月の中旬に、突然切れてしまったのね。3月中旬といえば、琵琶滝の沢が枯れたころ。なんかね~、龍の断末魔というか、堪忍袋の尾が切れたのか、っていうふうに思いましたね。 時空をこえる高尾の自然のメッセージ(爆)。

もっとも、自然はエゴがないから、復讐とか、恨みつらみとか、そういう言葉は似つかわしくないのだけど、幼稚園児並みの現代科学や化学じゃ、自然のメカニズムは、はかり知れないから、まわりまわって、思わぬ出来事となって、かえってくる可能性は大ですね~。水が豊かにたくわえられた高尾の山ですから、ほじくっていいことがあるわけないだろうと、思います。

まだまだ高尾山から目が離せないのだ。

にしても、1m掘るのに 7千万円・・・ってことは、10mで、7億円、100mで、70億円、1,000m(1km)で、7千億円、1.6kmだったら、え~と、え~と(脂汗;)・・・数字に弱いから、もうわかんないや(><;)。だれか計算してみて~。

3月25日前後の座りこみについて、気になる方は、こちらのブログでご覧ください。

http://kenju-iitomo.sblo.jp/

http://plaza.rakuten.co.jp/kazelog/
[PR]
by adisesaworks | 2008-03-28 11:14 | 高尾山
まだ高尾山の「和居和居デッキ」にいってない人、これがラストチャンスになるかもしれません。

3月25日(火)は、ひとつのタイムリミット。トラスト用地の収容期限なんだそうです。もっともっと、いろいろな人たちに、さらに現状を知ってもらうためのイベントです。

トンネル工事に興味のある人もない人も、ぜひ足を運んでみてください。ヨガありキャンドル・ナイトありライブあり、の素敵なイベントがお楽しみいただけますよ。予約は不要ですから、お気軽にどうぞ。


日時:             3月25日(火)(雨天決行)

タイムスケジュール:    14:30~      まるじゅんの天狗ヨガでリラックス♪
                18:00~22:00 キャンドルナイト
                19:30~      RabiRabi ライブ

場所:             高尾山トンネル工事のすぐそばの「和居和居デッキ」

                行きかたは、こちらの地図を、ごらんください。

http://takao-kenju.sakura.ne.jp/htm/deck_map.html


電気も水道もガスもないけれど、最高に気分がよくなる「和居和居デッキ」。高尾山の清々しいエネルギーと、人々の高い意識がコラボレーションした空間です。

写真下は、3月20日のキャンドルナイトのときのものです。素敵でしょ~♪

f0124642_1133762.jpg


**************************************************************

余談ですが。

高尾山のトンネルは、1m掘るのに7千万円!(7千円じゃないですよ。7,000まんえんです)。もともとそこにトンネルを掘る必要性があまりなかったので、業者にもそっぽを向かれ、通行する車があまり見こめず、第2のアクアラインとなる可能性が大なんです。

それから、日本はトンネル工事にかけては世界一の技術を誇っている、らしいのですが、もうヨーロッパをはじめとして世界各国では、トンネルを掘らないのが当たり前の常識、なので、技術をはりあう相手がいないため、ナンバー1になっているんだそう。日本の技術がそれほど高いなら、もっとほかのところに使って、仕事をつくればいいんじゃないかと思うんですけどねえ。
[PR]
by adisesaworks | 2008-03-23 10:54 | イベント
3月20日、春分の日。大好評の天狗ヨガ第2回目。
事前に、私もいきま~す♪と友人たちからメッセージをいただいていたのに、朝からドシャブリの雨~。風も強く気温は真冬に逆戻り。

こんな中で、まさか決行するとは、だれも思っていなかったんだろうけど、雨天中止、とは、どこにも書いてなかったんですよ。もちろんやりましたさ~。参加者は予定よりも少なめ。でもこんな日に来てくれたコアな物好きな人々、ありがとうございました~☆☆☆

降りしきる雨、ぬかるむ山端の道をぬけてツリーハウスへ、ややテンション低めで到着。

が、ツリーハウスで、見せてもらった新聞の切り抜きを見て、一転。

3月20日当日の朝日新聞朝刊に、ツリーハウスのことが掲載されていたんですね~。前回の天狗ヨガの写真つきで。f0124642_232529.jpg
f0124642_233061.jpg

おーし、高尾山のいらんトンネル工事をもっともっとみんなに知ってもらうために、おもしろいイベントじゃんじゃんやるぞ~、と、みんなの意気はもりあがったのでした。

次はテレビの取材、おまちしてますよ~。バラエティ系もOKですよ~。

天狗ヨガ第3回目は3月25日です。

高尾山のすわりこみブログはこちら。随時アップされています。

http://kenju-iitomo.sblo.jp/

天狗ヨガのくわしい情報はこちら。随時アップされています。

http://otera6.jugem.jp/

天狗ヨガの報告は、下へとつづきます。よかったらみてね。
[PR]
by adisesaworks | 2008-03-21 23:38 | 高尾山
ツリーハウスに到着すると、なにやら陽気なおじさまがニコニコと座っていらっしゃる。どっかで見たような顔だわね~、と思っていたら、あの八王子市長選挙の橋本さんではありませんか。

f0124642_22274586.jpg
f0124642_2228551.jpg

いや~、お話好きなんですね~。トンネル工事のことや選挙のことや、その他なんでもいろいろと、わかりやすい言葉で説明してくださいました。

役所仕事の裏事情、開発事業の裏事情、聞けば聞くほど、えええ、そんなへんなことやっていたのぉぉ~と、びっくりするようなことがたくさん。高尾山のトンネル工事だって、みんなに知られずこっそりといつのまにかトンネルを掘ってしまえば文句もいえまい、という魂胆がみえてきます。先に既成事実あり、が、日本の開発事業のやりかたなんですね~。だから、高尾山のトンネル工事だって、現場がみんなから見えないように、高いフェンスで囲ってある。しかも環境に配慮したので緑色のフェンスなんだって。

ああ、この方がこないだの選挙のときに当選していたら、トンネル工事がなくなっていたかもしれん、と、思うと、かなり残念でした。ダンスもお好きとのことで、当選していたら、踊るマハラジャみたいな市長さんになれたはず。さらに残念~(--;)。

ヨガにお誘いしたら、用事があるので、とツリーハウスをあとにされました。


f0124642_22282417.jpg

写真は、それとは関係なく、ツリーハウスのスタッフ(常連さん?)が、つくってくれた、具沢山のお味噌汁。かくし味のショウガがきいていて、なにやらエスニックな風味。感動的においしかったので、アップしちゃいました。味噌汁に生姜~!目からウロコの相性。これいただきです。つくってみよっと。
[PR]
by adisesaworks | 2008-03-21 23:01 | 高尾山
はいはい、こちらはおなじみヨガ風景。もちろん今回も、しっかり撮ってきました。

雨よけのためにデッキの上に張られたビニール屋根は重みでたわみ、デッキも横なぐりの雨で、びしょびしょツルツル。なのになぜこんなにみんなポーズの完成度が高いんでしょう。初心者のかたも微動だにしません。しかもデッキの横は手すりなし(!)。こわくないんでしょうか。

f0124642_21583991.jpg

男性の参加者が多かったですね。「はい~、そこで息はきながら下へ~。」猛獣使いと化す先生と従順な生徒のみなさん。

f0124642_2159827.jpg
デッキのぎりぎり端っこでポーズをする人々。地上から3メートルくらいは、あります。



f0124642_22174525.jpg天狗のポーズ。好評につき、前から撮影してみました。
[PR]
by adisesaworks | 2008-03-21 22:24 | 高尾山
f0124642_2054270.jpg
ヨガのあとは、キャンドル・ナイト。
セージの香りと、チベッタン・ベルの音に包まれながら、幻想的なキャンドル・アートのインスタレーションを鑑賞。

アーティストの作品のそばに、私たちも、ひとりづつキャンドルを持って献灯。

森の中のゆらめくキャンドルの灯り。静粛な祈りのひととき。

かつて、こんなに美しい座りこみシーンが、人類史上あったんでしょうか。アーティステックなネオ梁山泊の夜は、静かにふけてゆきました。
f0124642_20542919.jpg
年々砂漠化する地球。
便利だから人々がそれを望んだから仕事をつくらなくちゃお給料がもらえないから、と、さまざまな理由で、ツルツルピカピカの人工建造物に、次々とおきかえられていく自然。

つい先日の3月13日に、高尾山の琵琶滝の上にある沢の水が、枯れてしまったそう。こんなことは今までまったくなかったことだ、とは地元の人。自然環境に配慮しています、という、トンネル開発の人たち。

人間のつくった森は、じつは東京には、けっこうある。明治神宮も、そのひとつ。

私たちの世界が、緑あふれる森になるのも、砂漠になるのも、けっきょくは、私たちの意識の向かうところによる。

無数の並行現実を選ぶのは、今、ここ、の、私たちの、一瞬一瞬の選択。

山の中央は生物の背骨。生命エネルギーの流れる龍脈。そんなところを痛めつけないでください。目に見える表面だけを考えないでください、どうか。

ああ、キャンドル見てたら、いつになく真面目な書きかたになってしまったよ。

それにしても、緑の中は、なにやっても気持ちいいんだよ。たとえ、ドシャブリの雨の日でもね。
[PR]
by adisesaworks | 2008-03-21 21:54 | 高尾山