「ほっ」と。キャンペーン

ナマケモノの日々


by adisesaworks

<   2008年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

和居和居デッキにいくたびに思うのが、「ここでタイマッサージをしたら、受ける人もする人も、さぞかし気持ええことでありましょう~♪」、ということ。これまでちょっと寒かったので、横になった人がかわいそうと遠慮していたけれど、これから夏!昨日もちょうどいい夏日になったので、ここぞとばかりに、もはやうちの離れ(とかってに思っている)となってしまったデッキへ。

f0124642_13152846.jpg
f0124642_1315426.jpg

デッキのまわりの樹木は、生き生きとして、ものすごいエネルギーを放っています。いい季節だ~。

高尾山は、とても小さな山なのに、植物の種類が想像を絶する豊富さ。ナント!イギリス全土とほぼ同じくらいの1,300種以上の植物があるのだそう。昆虫も5,000種、野鳥も150種、とハンパじゃありません。ミシュランにも登場するわけですね。

左、デッキの裏でみつけた美しいクモさん。透明感のあるグリーンで全身をコーディネイト。まわりの緑と調和しています。

右、あわむしの巣。あわむしは「あわふきむし」の幼虫で、お尻からあぶくを出して自分の身をかくしています。幼虫は写真には載っていませんが、黒とラズベリーレッドのとてもお洒落な虫さんです。

地球の生み出す天然の色使いは、とても人間にはマネのできないアート。

工事のまわりにぐるりと緑色のペンキ塗装をしたフェンスをはりめぐらせて、周囲の緑の環境と調和をはかっているつもりのどこかのお役所のセンスとは大違いだわ。少しは見習ってほしいものです。
[PR]
by adisesaworks | 2008-05-23 13:19 | 高尾山
デッキの裏を登ると見えるトンネル工事現場。トンネルが崩落したのもここ。ジャンクションを建設中。

水を豊富に含む高尾の山々に穴を開けてしまうのは、巨大な水びたしのスポンジに穴を開けてしまうのと一緒。掘れば掘るほど水浸しになるので、海底トンネルを掘るのと同じようなことになっているのだとか。外から見ただけじゃわからないけど、中にはいった人は、もうそこらじゅう水が吹き出ていてたいへんなことになっているといっていたっけ。事故がおこらないほうが不思議だ

水でヒタヒタになったスポンジに穴を開けようとするのは、そりゃ無理というものでしょう。私でもわかるよなあ。

このスポンジ状態だからこそ、高尾の山はいろいろな動植物が暮らしていられるのでしょうね。植物に必要なのは、水と空気がよく通る栄養豊かなフカフカの土。そして土に暮らす無数の微生物。無農薬でお米や野菜をつくっているプロのお百姓さんもそういっていた。土が死んだら土地はただの土台としての役割しかはたさないから、農薬やら化学肥料やらを大量にばらまいて、さらに土を死なせ、さらにまた農薬や化学肥料をまかなくてはいけない悪循環になってしまうのだそう。

水が抜けたスポンジは、ただの土台。さまざまな植物がなければ、さまざまな動物たちもやがていなくなってしまう。

f0124642_12295656.jpg
f0124642_1230164.jpg
f0124642_12304172.jpg

毎日やってくる国土交通省の人々。

一緒にいた友人は、おてろく組作成の「えっ?高尾山が大ピンチ?」のチラシをおふたりにさしあげていました(笑)。上品な奥さま風の友人にすすめられて断れず、お持ち帰りになりました。今ごろ省内で回覧してくださっているでしょうか。

ところで、国土交通省のみなさま。もしかして安全靴着用してませんか?だとすると足底の血行が悪くなっていて足の爪がボロボロの可能性大です。スパのほうにそんなお客様さまがけっこういらっしゃるものですから、つい気になってしまいます。ご希望されればデッキにて無料で足ツボ療法サービスいたしますね。
[PR]
by adisesaworks | 2008-05-23 13:05 | 高尾山
f0124642_11425782.jpg
マットに仰向けになって見た風景。

高い樹木のあいだから木漏れ日が燦々と。
たえまない沢の流れが、身体中に心地よく響きます。

樹木のざわめきを聞こうとするのではなく、はいってくるままにまかせ、水音を聞こうとするのではなく、はいってくるままにまかせ・・・ていると、いつしか自分が高尾のお山そのものになってしまいます。

自然におとずれるディヤーナの世界。



f0124642_11431212.jpg
タイ古式マッサージの伝統にのっとり、施術前にオナモを独唱。が、しかし、まともに唱えていると、はてしなく長いので省略形にてお茶にごし。このあとの写真は手が忙しくて撮れず。

感想。やっぱり、マッサージはアウトドアに限る。緑ときれいなお水のあるところだったら、マッサージなくたって、横になっているだけでじゅうぶん癒される。

都心に氾濫するボディケア・サロンの乱立は、大地のリズム自然のリズムを、人々の身体が思い出したがっているためだともいえる。だけど、室内で外の風もはいらないようなサロンでするのは邪道だ。

緑や水が失われていくたびに、人は癒しを求めて放浪しなくてはならない。人の身体は地球の土と水と空気でできているから、大地が傷つけられるたびに自分のなにかが欠けていくのを人は肌で感じるんだろうね。

またときどきマット持ってデッキにいってみよう。デッキでタイ古式マッサージは最高にゴキゲンだ。みんなもどお?

和居和居デッキの情報はこちらから。
http://kenju-iitomo.sblo.jp/
[PR]
by adisesaworks | 2008-05-23 12:25 | 高尾山
おてろく組が、便利なチラシをつくってくれました。サイトからダウンロードできます。

まわりの人にさしあげたり、行きつけのお店に置いてもらったりと、いろいろ活用できます。

特に、ネットサーフィンをあまりしない中高年のハイキング好きな方たちには、今まで知らなかった情報満載で、よろこばれることうけあい。

みんなで活用しよ~♪

くわしくはこちら。

http://otera6.jugem.jp/
[PR]
by adisesaworks | 2008-05-20 10:27 | イベント

葉山のお散歩①

お天気がよかったので、葉山にくわしい友人といっしょに今日は葉山へ。東京から小1時間。湘南新宿ラインに乗って。

f0124642_21484956.jpg

ひさびさの海。きれい。


f0124642_2149131.jpg
f0124642_21492473.jpg

初夏の空にはひとすじの雲。・・・えっ?これちょっとへんじゃない?もしかして地震雲???
[PR]
by adisesaworks | 2008-05-16 22:00 | 日々のあれこれ

葉山のお散歩②

f0124642_21144184.jpg

ウブドのライス・テラス。・・・うそ。・・・いや~、でもこれウブドみたい。車の通りからちょっとはいったところなのに、時代がタイムスリップ。リトル・ウブドとかってに命名。打ち捨てられていた小さな山間の田んぼを再び開墾したのだとか。

実は、この田んぼを見るために、葉山へやってきたのです。すっごく美しい田んぼなのよ~、という友人の言葉につれられて。開墾したのは某音楽アーティスト。ほんと田んぼがアートしてるわ~。

f0124642_21145655.jpg
田んぼの中をよく見ると、オタマジャクシやアメンボがたくさん。ときおりツバメもやってきます。ゲコゲコ蛙と鳥の声以外は聖なる静寂。

こんな風景が日本のそこかしこにあった時代は、そう遠い昔ではなかったはず。こんなにも身近なところにある楽園を、隅へ隅へと追いやって、いったい私たちはどこへ急いで行こうとしているんだろう。青い鳥はいつだって、いつもそばにいるはずなのに。

f0124642_21151048.jpg




通り沿いにある足湯。・・・残念、いい感じだったのに、お休みでした(;;)。
[PR]
by adisesaworks | 2008-05-16 21:47 | 日々のあれこれ

葉山のお散歩③

f0124642_20591463.jpg



逗子駅前の八百屋&立ち呑み(!)のお店。すごい組み合わせだけど、空間の最大利用に感服。看板もグッド。




f0124642_20593538.jpg
ランチはお麩のカツ。海沿いの通りのちょっぴりハワイアンなカフェで。おいしかった~。



f0124642_2151491.jpg

海の見えるハンモック屋さん。友人はここでハンモックを購入。ハンモック屋さんというジャンルがあるのがすごい。

葉山はあなどれない。
[PR]
by adisesaworks | 2008-05-16 21:16 | 日々のあれこれ

初夏だけど

f0124642_10163231.jpg
寒い日が続いております。またまた毛糸の帽子をつくってみました。

このところ各地で地震が多い。むわ~っと気持ちの悪い日のあとに、急にヘンな冷えこみがあると、どうも地震が来ることが多いなあ。

お客さまには、頭が痛い首が痛いという人が多い。

私の場合は、グランディングしずらい気が上に集まりやすい日だなあ、と思うと地震が来るようだ。磁場の問題?

地震国日本の原発は、かなりあぶない。ぜんぜん大丈夫じゃない。
[PR]
by adisesaworks | 2008-05-13 10:26 | 手作り大好き

タイフェスの戦利品

f0124642_214946.jpg
シンハービールの日傘をゲット。しかも2本。

ほかには、マイ箸持参で、小銭入れ。マイ食器も持参したけど、こちらはお土産なし。パッタイを入れてもらって、夜ごはんにしてみました。

さらに、ミニチュアの仏像・・・。小さいけど、いちおう写真に写ってます。
[PR]
by adisesaworks | 2008-05-11 22:01 | 日々のあれこれ

今日はタイフェスへ

f0124642_2154787.jpg

エントランスにて。
いかにもタイっぽい写真が撮れました。








華麗なプアン・マーライ。
タイの人の手仕事ぶりには脱帽してしまいます。冷凍ものの花を使用していると思われ、香りがほとんどしないのが残念。ほんとは、ものすごくいい香りがするんですが、日本だからしょうがないかな。
f0124642_2155535.jpg

f0124642_216393.jpg今回は、タイの手仕事にフォーカス。ソープ・カービングにチャレンジしてみました。先生にかなり直してもらって、やっとこの状態。いちおう薔薇です。むずかしいけど、はまりそうだわ。カービング用のナイフをつい購入してしまいました。




あいにくの雨模様。傘をさすのがめんどくさいのと寒いのとで、タイ食材をいくつか購入して、買い食いをし、トゥクラーのTさんにひさびさにお会いしたあと、そそくさと帰ってきちゃいました。会場滞在時間はほぼ2時間。まるで駅前タイの買物ツアーにいったみたいだわ。ああ、ほんとのタイにいきたい。
[PR]
by adisesaworks | 2008-05-10 21:35 | 日々のあれこれ